noi 成分事典 栄養素から健康食品まで、noi管理栄養士が監修する成分についての情報ページです。

MENU

noi成分事典 > 成分一覧 > ファイトケミカル > カロテノイド類 > カロテン類 > β-カロテン

β-カロテン

人参
β-カロテンとは

 β-カロテンは人参やかぼちゃなど緑黄色野菜に多く含まれる、黄橙色の脂溶性色素です。カロテノイド色素の中の、カロテン類に分類されます。プロビタミンAの一つでもあります。

プロビタミンAとは

 プロビタミンAは、α-カロテン、β-カロテン、γ-カロテン、β-クリプトキサンチンなど50種類あります。自然界では色素ですが、体内に入るとビタミンAに変わり効力を発揮します。ですので、広い意味ではこれらも含めてビタミンAと呼びます。

β-カロテンの働き
  • ・β-カロテンを摂ることで老化やがんの抑制に繋がります。
  • ・β-カロテンは、体にとって必要な量だけビタミンAに変換されます。体内にビタミンAが十分足りているときには、そのままの形で体内に蓄積されます。これによりβ-カロテンをたくさん摂取しても、ビタミンAを多く摂りすぎることにはなりません。
参考文献
◎上西一弘(2008)栄養素の通になる第3版 女子栄養大学出版P.132~139
◎中村丁次 監修(2005)栄養の基本がわかる図解辞典 成美堂出版P.76~77、P.135
◎國崎直道 編著(2008)食べ物と健康-食品の栄養成分と加工-P.51
◎「β-カロテンがビタミンAに!」抗酸化で病気知らずの健康な体に!
 http://kousanka.thyme.jp/carotene.html (2015-06-19sa参照)

カロテン類

noi 管理栄養士のブログ
TOPへ戻る