noi 成分事典 栄養素から健康食品まで、noi管理栄養士が監修する成分についての情報ページです。

MENU

noi成分事典 > 成分一覧 > 五大栄養素 > ミネラル > セレン

セレン元素記号 Se

カツオのたたき
セレンとは

 セレンは微量ミネラルの一種で、体内にごくわずかしか含まれていません。体内でどのように吸収されて利用されるのか、くわしいことはまだわかっていませんが、健康のために欠くことが出来ない栄養素です。

セレンの働き

 細胞のサビ付き(酸化)を防ぐ働きがあります。老化や、動脈硬化の予防に役立っています。

セレンが不足すると
  • ・日本の通常の食事では、セレンが不足することはまれです。サプリメントも出回っていますが、食物以外の物から摂る必要はないでしょう。
  • ・中国の克山地域やニュージーランド南島など、土壌中のセレン濃度が低い地域で不足しやすいです。下肢の筋肉痛や皮膚の乾燥などが見られます。
セレンはどんな食品に多く入っていますか
  • ・魚介類(カレイ、マグロ、カツオ、サバなど)
  • ・肉類(豚・鶏レバーなど)
セレンはこんな人におすすめ

 中国の克山地域やニュージーランド南島など、土壌中のセレン濃度が低い地域の方

セレンを摂りすぎるとどうなりますか?
  • ・セレンは毒性が強いことがわかっていて、摂りすぎには注意が必要です。
  • ・継続に摂りすぎると、脱毛や爪がもろくなり脱落します。吐き気、心筋梗塞、腎不全など中毒症状も報告されています。
セレンのマメ知識

 セレンは人体に必須の栄養素ですが、コピー機やフケ防止用のシャンプーなど様々なものに利用されています。

参考文献
◎上西一弘(2008)栄養素の通になる 第3版 女子栄養大学出版部P.226~231
◎中村丁次監修(2005)栄養の基本がわかる図解辞典 成美堂出版P.121

ミネラル

noi 管理栄養士のブログ
TOPへ戻る