noi 成分事典 栄養素から健康食品まで、noi管理栄養士が監修する成分についての情報ページです。

MENU

noi成分事典 > 成分一覧 > 五大栄養素 > ミネラル > ヨウ素

ヨウ素元素記号 I

ひじきの煮物
ヨウ素とは

 ヨウ素は微量ミネラルの一種です。体内に含まれるほとんどが、甲状腺に存在します。甲状腺はのどの所にある、指先程度の大きさの臓器です。

ヨウ素の働き

 食事から摂ったヨウ素は胃と腸で吸収され、血液から甲状腺に取り込まれます。そして、甲状腺ホルモンを作る材料になります。このホルモンは、成長期では発育促進、成人では基礎代謝を促進する働きがあります。

ヨウ素が不足すると
  • ・日本では海産物をよく食べるため、不足は見られません。
  • ・世界的には、不足しやすい栄養素です。甲状腺肥大や甲状腺腫が見られます。成長期に不足すると、成長発達異常も見られます。脳の未発達などです。
ヨウ素はどんな食品に多く入っていますか
  • ・海藻(昆布、ひじき、めかぶわかめなど)
  • ・魚介類(タラなど)
ヨウ素はこんな人におすすめ
  • ・欧米諸国など、ヨウ素が不足しやすい国の方
ヨウ素を摂りすぎるとどうなりますか?

 ヨウ素を摂りすぎると、不足した場合と同じ症状が出ます。甲状腺肥大や甲状腺腫です。ヨウ素が多すぎても甲状腺ホルモンがうまく作られなくなるためです。

ヨウ素のマメ知識

 ヨウ素を、高濃度に含ませた卵が市販されています。これは、鶏の餌に海藻粉末などを添加して鶏に卵を産ませたものです。結局、海藻由来なわけです。

参考文献
◎上西一弘(2008)栄養素の通になる 第3版 女子栄養大学出版部P.220~225
◎中村丁次監修(2005)栄養の基本がわかる図解辞典 成美堂出版P.119

ミネラル

noi 管理栄養士のブログ
TOPへ戻る