noi 成分事典 栄養素から健康食品まで、noi管理栄養士が監修する成分についての情報ページです。

MENU

noi成分事典 > 成分一覧 > 五大栄養素 > ミネラル > マグネシウム

マグネシウム元素記号 Mg

ブルーベリージュースとせんべい
マグネシウムとは

 マグネシウムは、多量ミネラルの一種です。成人の場合、体内に20~25g含まれ、その60~65%は骨に含まれています。カルシウムやリンと共に骨を構成する重要な成分です。

マグネシウムの働き
  • ・マグネシウムは、骨や歯にカルシウムが行きわたるように調節し、丈夫な骨の形成を助けています。
  • ・細胞内のカルシウムやナトリウムの量を調整して、血圧の調節に役立ちます。マグネシウムは動脈を弛めて、血圧を下げます。
  • ・筋肉の収縮に役立ちます。
  • ・300種類以上のもの酵素の働きを助け、エネルギーを生み出します。
マグネシウムが不足すると
  • ・通常は不足することはありません。
  • ・継続的に不足すると、心臓疾患(狭心症、心筋梗塞など)の危険性が高まる可能性があります。
マグネシウムはどんな食品に多く入っていますか
  • ・種実類(アーモンド、カシューナッツ、落花生など)
  • ・穀類(そば、玄米ごはんなど)
  • ・ほうれん草、ひじき、大豆など
マグネシウムはこんな人におすすめ

 血圧の高い方

マグネシウムを摂りすぎるとどうなりますか?
  • ・マグネシウムは、尿や汗と一緒に体外に排泄されやすい栄養素です。そのため、通常の食品から摂る範囲では多く摂りすぎる心配はありません。しかし、排泄機能を担う腎臓に障害のある人は注意が必要です。
  • ・医薬品として多く摂ると、下痢をします。
マグネシウムのマメ知識
  • ・水の水質基準の1つに硬度があります。水1L中に含まれる、カルシウムイオンとマグネシウムイオンの合計を炭酸カルシウムとし換算したものです。カルシウムとマグネシウムの量が少ないのが軟水、量が多いのが硬水です。日本の水の多くは軟水です。
  • ・一時期、にがりダイエットが流行りました。にがりに含まれるマグネシウムは、下剤に利用されています。摂りすぎると下痢になるため、やせることはあるかもしれません。しかし、確実な根拠もありませんし、健康的に痩せるとは言えません。にがりは、豆腐から摂るようにしましょう。豆腐には、にがりが含まれているためです。
参考文献
◎上西一弘(2008)栄養素の通になる 第3版 女子栄養大学出版部P.184~189
◎中村丁次監修(2005)栄養の基本がわかる図解辞典 成美堂出版P.112~113

ミネラル

noi 管理栄養士のブログ
TOPへ戻る