noi 成分事典 栄養素から健康食品まで、noi管理栄養士が監修する成分についての情報ページです。

MENU

noi成分事典 > 成分一覧 > 五大栄養素 > ビタミン > 水溶性ビタミン > ビタミンB群 > パントテン酸

パントテン酸化学名 ビタミンB5 pantothenic acid

炭火の上のししゃも
パントテン酸とは

 パントテン酸は、ビタミンの一種です。以前はビタミンB5と呼ばれていましたが、現在はパントテン酸と呼ぶのが普通です。

 水に溶けやすい「水溶性ビタミン」なので、栄養素の損失に注意が必要です。茹でることにより損失しやすいため、蒸すようにすると損失が少なく済みます。

パントテン酸の働き
  • ・パントテン酸は、体内でコエンザイムAとなり働きます。コエンザイムAとは、酵素を助ける補酵素の一つです。炭水化物、タンパク質、脂質からエネルギーが作り出される過程で働き、100種以上の酵素を助ける補酵素です。
  • ・善玉コレステロール(HDLコレステロール)を増やします。
  • ・パントテン酸は、副腎脂質ホルモンの合成に関わっています。これは、ストレスが生じると副腎という臓器から分泌されるホルモンです。血糖値を上げ、ストレスに対抗する態勢を整えます。
  • ・風邪をひきにくくするといった、免疫抗体の合成に関与します。
  • ・薬物の解毒作用に関与します。
パントテン酸が不足すると
  • ・パントテン酸の語源は、ギリシャ語の「いたるところに存在する」です。そのように、食品に幅広く含まれているため、普通の食生活で不足することはほとんどありません。
  • ・極度の栄養失調に陥ると、不足する場合があります。頭痛や疲労、手足の異常が起こります。
パントテン酸はどんな食品に多く入っていますか
  • ・魚介類(子持ちカレイ、ニジマス、シシャモなど)
  • ・鶏ささみ、鶏胸肉
  • ・エリンギ、なめこ
  • ・アボカド、カリフラワー
  • ・糸引き納豆
  • ・卵
パントテン酸はこんな人におすすめ

 ストレスを感じている方

パントテン酸を摂りすぎるとどうなりますか?

 健康障害は、今のところ知られていません。

パントテン酸のマメ知識

「パンテノール」という言葉を知っていますか?これは、体内で、パントテン酸に変化する物質です。某シャンプーに保湿成分として配合されており、パントテン酸に比べ安定しています。このように、スキンケア製品にも配合されていることがあります。

参考文献
◎上西一弘(2008)栄養素の通になる 第3版 女子栄養大学出版部P.116~120
◎中村丁次監修(2005)栄養の基本がわかる図解辞典 成美堂出版P.98~99

ビタミンB群

noi 管理栄養士のブログ
TOPへ戻る