noi 成分事典 栄養素から健康食品まで、noi管理栄養士が監修する成分についての情報ページです。

MENU

noi成分事典 > 成分一覧 > 五大栄養素 > ビタミン > 水溶性ビタミン > ビタミンB群 > ビタミンB12

ビタミンB12化学名 コバラミン cobalamin

ビタミンB12とは

 ビタミンB12は、ビタミンの一種です。葉酸と共に、正常な赤血球を作り出すことに関与しています。

 栄養素は基本的に食べ物から摂取する必要がありますが、人間の体内では、腸内細菌によりビタミンB12が作られています。

 水に溶けやすい「水溶性ビタミン」なので、栄養素の損失に注意が必要です。水洗いの際は素早く洗いましょう。比較的熱に強く、調理中の損失は少ないです。光によって分解されます。

ビタミンB12の働き
  • ・葉酸と協力し、正常な赤血球を作ります。
  • ・ビタミンB12は、細胞の遺伝情報が詰まったDNA(デオキシリボ核酸)を作る際に必要です。葉酸の働きが不可欠ですが、葉酸が働くためにはビタミンB12が必要です。
  • ・たんぱく質の合成や修復をします。
  • ・末梢神経(脳以外の場所にあり、体のあらゆる器官と繋がっている神経)の障害を修復する作用があります。
ビタミンB12が不足すると
  • ・貧血(赤血球が不足するため。鉄欠乏性貧血とは異なる)
  • ☆ポイント
    腸内細菌によってもビタミンB12は生成されるので、偏食をしないかぎり不足することはありません。ただしビタミンB12が小腸で吸収される際に、胃から分泌される物質が必要です。胃に病気がある方や高齢者の方は、胃が委縮し分泌される物質が少なくなり、ビタミンB12の欠乏症が起こります。
ビタミンB12はどんな食品に多く入っていますか
  • ・レバー
  • ・乳製品(牛乳、チーズなど)
  • ・魚介類(サンマ、あさり、カキ、シジミなど)
  • ☆ポイント
    野菜や果物に、ビタミンB12は含まれないので、レバーや魚介類などの動物性の食品を食べるようにしてください。
ビタミンB12はこんな人におすすめ
  • ・ベジタリアンの方
  • ・肩こり、腰痛でお悩みの方(肩こりや頭痛、神経痛は、末梢神経が傷つくことでも起こります。)
ビタミンB12を摂りすぎるとどうなりますか?

 必要を上回る量を摂ると汗や尿として体の外に排出されることと、胃から出る物質の量の範囲内でしか吸収されないため、多く摂りすぎる心配はありません。一度にたくさん摂っても、体の中に貯えることができないので、毎日摂ることが重要です。

ビタミンB12のマメ知識
  • ・ビタミンB12は、コバルトを含みます。このコバルトは、磁石の原料にも使われ、とても高価です。他のビタミンに比べて、どうしても値段が高くなってしまいます。
  • ・アルツハイマー型認知症の患者さんの脳では、ビタミンB12の量が正常な人よりも少ないと報告されています。ビタミンB12は、末梢神経の障害を修復する作用があることから、アルツハイマーにも有効だと考え研究されています。
参考文献
◎上西一弘(2008)栄養素の通になる 第3版 女子栄養大学出版部P.104~109
◎中村丁次監修(2005)栄養の基本がわかる図解辞典 成美堂出版P.94~95

ビタミンB群

noi 管理栄養士のブログ
TOPへ戻る